ジュニアサッカースクール

挑戦こそが未来をつくる!!

プロサッカー選手とは、挑戦を続けた結果である。

プロサッカー選手のみならず、地域社会に貢献し、活躍する者の多くは、困難や失敗、挫折を経験している。

その困難や失敗、挫折にしっかりと向き合えた時(挑戦)こそ、夢・目標を叶えられるのではないだろうか。

 

多くの困難や失敗を経験する機会が失われている。

昨今では、屋内遊戯が充実したこと、公園ルールが厳格化されたことなどにより、外遊びが減少している傾向にあります。

同時に運動能力が低下し、友達や仲間づくりが減少、意欲や社会性、創造性が失われ、「生きるチカラ」に大きく影響を与えていると言えます。

※文部科学省が昭和39年から行っている調査によると、昭和60年頃以降15年以上に渡り、子どもの体力・運動能力は低下の一途をたどっています。

 

困難や失敗をしないことの方がリスク!

サッカーはミスのスポーツ。

日常生活で一番使う手でボールを扱うことができず、多方面に相手や味方が混在し、天候に左右され、勝ち負けを争う。とても困難なスポーツであると言える。

スポーツだからできる勝ち負けの競い合いを楽しみ、「できる!」「できた!!」という多くの成功体験と、集団スポーツだからこそ起こる感情の共有や、困難や失敗が多く待ち受ける環境をつくり、「生きるチカラ」を育みます。

 

多くの経験値を獲得するのは、今!!

運動神経などを含む神経系は5歳頃までに80%の成長を遂げ12歳頃でほぼ100%になると言われています。

そして13歳頃から体格が大きく変わり始め、スピードやパワーが加わる。この神経系が著しく発達する時期にこそ、様々な遊びや運動をすることが子供の成長に大切であると考えられます。

それぞれの段階に合わせた指導に取り組んでいます。

無料体験 u6
U8 U10
U12 ジェネラル
PAGE TOP